不動産相続

FP(ファイナンシャルプランナー)講習の講師役2012年6月21日 | 相続よろず話

 

昨日は、FP(ファイナンシャルプランナー)の方々が受講する講習の講師を依頼され、

行って参りました。

テーマとしては、『相続協議における配分の実体』 とさせて戴き、

生々しい相続案件の実例をお話させて戴きました。

 

講習にご出席された方々は、皆さんAFPかCFPの方でしたので、

正直、私なんぞが講師としてお話するのも恐縮な思いでしたが、

FPの方々にとっても、ドロドロとした相続案件に出会う機会もそうそう

無いようでしたので、興味深く受講して戴けたようでした。

 

講習会後の懇親会では、様々なジャンルでご活躍の方々と

交流させて戴き、私としても良い刺激となりました。

この場を借りまして、皆様への感謝の意をお伝えしたいと思います。

 


震災リスクによって揺れる不動産への価値観2012年5月13日 | 相続よろず話

南海トラフ地震による、新しい被害想定が公式発表されたのが

約1ヶ月半前でした。

(正直、かなりショックを受けました)

 

その後も、既存の原子力発電所の下に、活断層があるやもしれない

など、不安の種は増えるばかりです。

申し上げるまでも無く、一番大切なのは人の命です。

そして、その次に大切なのは、人によって異なると思いますが、

『資産だ』と言う方も少なくないかもしれません。

 

色々な苦労を経て形成してきた資産。

それは、ただ単に金銭的に価値があるという意味だけでなく、

血と汗により成長して大きな結晶になったいう意味で、その人の

人生を語ってくれるものなのかもしれません。

 

私は不動産関係に携わる者です。

不動産を資産として考えた場合、現金や有価証券と比較して、

どんな性質をもった資産であるのかは、いつも自分なりの考えを

明確にしておかなければならないと思っています。

その意味で、南海トラフの新発表は、私の価値観をもう一度

見直すきっかけを与えてくれました。

 

『その場所で、お客様が不動産を取得する意味、ありますか?』

という心の中の疑問に対して、

『お客様がこんな価値観を選択する場合ならばYES』

という自分なりの納得感が欲しいものですから・・。

 

そんな流れで、今までの時間軸とは少し違った時間軸を念頭に

置き、資産としての不動産を考えて行きます。

鍵となる時間軸とは

①その人個人の人間としての寿命

②子供、孫、ひ孫、どのレベルまでが重要な時間軸なのか

③将来の震災発生までの時間軸

④日本という、国の経済的優位が続く時間軸


何故か感謝状を戴きました。2012年4月12日 | 相続よろず話

特別、何かすごいことをしてきたという心当たりなど、全くありませんが、
不動産協会より、このような感謝状を戴きました。



ブックマーク
プロフィール
プロフィール
カテゴリー
最新記事一覧

rssRSS Feed