不動産相続

私が直面している成年後見制度のダメなところ2014年3月13日 | 相続よろず話

「おじいちゃん かなり痴呆が進んじゃって 大丈夫かしら・・」

私が直面しているこんな話・・、同時に2件発生しています。

ここでの、「大丈夫かしら・・」 の意味ですが、

「不動産をちゃんと売買完了できるかしら・・・」 の意味です。

 

特にここ数年は、不動産登記に携わる司法書士の仕事に対し、

そのチェックが非常に厳しくなっているのを感じます。

 ※本来、それはそれで結構なことなのですが・・

不動産の売主(このケースではお爺ちゃん)の意思判断能力が、

痴呆等によって、かなり怪しいような場合、

成年後見人が選定されないと、所有権移転登記できない・・・

ほぼ、そんな状態になっています

 

そうそう、 『成年後見制度』 でイイんじゃない?

かく言う私も、つい最近まではそんな発想でした。

 

しかしですね!

この 『成年後見制度』 を使おうとして色々と実際に動いてみますと

これ、ご当人達にとりましては、結構やっかいなシロモノです

 

まず、その申請自体の手続きは、とても面倒なものなのですが、

まぁ、そんなことは実際どうでも良いのです

 

この制度を利用するかどうか、実際に直面した悩みどころですが、

①後見人が身内の人間になる確率は約50%

 ※実際に横浜の家庭裁判所に電話相談したときに聞いた数字です

②後見人には毎月の報酬支払が必要である

 

この2点が、本制度を利用するにあたり、直面した最大の問題です

何故このような2つの内容が定まっているのかについてですが、

当たり前ですが、ちゃんとした理由があることは理解できます

特に①についてですが、

要するに、裁判所がそのお爺様の家庭をチェックした場合、

痴呆になったお爺様の資産を、本人に代わって守ろうとした場合、

身内がお爺さんの資産を食いつぶすことだってある訳でして、

特に大きな資産である不動産を売却するような場合、

弁護士等の第三者を後見人に指定すべきだという考え方も

はい、決して間違いだとは思いません、私も

 

そこで、私が直面する相談者の意向ですが、

お爺ちゃんの不動産を売却して換金化し、

そのお金でお爺ちゃんの今後の介護費用に充てたい

また、お爺ちゃんはいくつも不動産を持っているけれど、

1つか2つを売れば事足りるわけで、

これが万が一、身内ではない第三者が後見人になってしまった場合、

お爺ちゃんが他界するまで、延々と毎月の報酬を

その後見人に払って行かなければなりません

 

お金持ちなら気にせず報酬を払えるのでしょうが・・

介護費用を不動産売却で捻出しようとしているくらいでして

そんな赤の他人(身内でない後見人のこと)に報酬なんてねぇ

 

という感じになってしまうわけです。

そして更にやっかいだなと思いましたのは、

後見人制度を申請し、もし第三者が後見人に選出された場合、

申請そのものを却下できるかと申しますと・・

これができません

これも直接、横浜の家裁に電話相談で確認したものです

 

これも、その理由はわかります

本来、誰かが守ってあげなければならないお爺ちゃんですよね?

そのお爺ちゃんを守るために後見人を申請したんでしょ?

それなのに、身内が選出されなかったから、お爺ちゃん守らなくて良い?

それは、そもそも後見人制度そのものの意味を否定する事ですよ・・

 

そういうことです、きっと

別に反論は致しません

 

そして、私の目の前では、

後見人制度を利用するという気持ちなんか起きず

従って、不動産も売却できない

お爺ちゃんの身近にいる人間だけが、

金銭的な負担と、労力という負担を強いられます

 

私はこんな風に思います

①お爺ちゃんの(予定)法定相続人全員からの売却承諾書

②この売却がお爺ちゃんの不利益にならない事の弁護士証明

この2つで、1案件ごとに処理できるようになれば

沢山の人達が救われると思います

そして、善良な司法書士も、仕事をし易くなるはずです。

是非、本制度の改革を期待するところです。


子供がおらず、妻をとても愛する夫なら、必ず遺言書を作成しましょう!2014年3月12日 | 相続問題について

法定相続人が配偶者と被相続人の兄弟である場合、遺言書により、

『すべて配偶者へ相続』 することが可能となります。

 

昔はあまりそのようなケースは少なかったかもしれませんが、

少子化である現在、お子様が不在での相続発生のケースが増え

ているのかもしれません。

 

遺言書を作成する本人にとってみれば、『配偶者を大切にするのか』

『自分の兄弟を大切にするのか』 という判断が必要になりますが、

配偶者や子供には 『遺留分がある』 

ものの、

『兄弟には遺留分がない』 

のです。

 

従いまして、もし、被相続人が生前に遺言書を作成し、

『私の財産はすべて妻のものとする』 

としておきますと、

配偶者と兄弟だけが法定相続人になるケースにおいては、

すべて妻に相続財産を取得させること

ができます。


忘れた頃に戴くお礼も嬉しいものですね2013年2月6日 | 相続よろず話

弊社のように、ホームページやブログを立ち上げて、不動産や相続関係の

ご相談を受けておりますと、様々な方からのご相談を受けることになります。

 

私の仕事のやり方が下手と言えば下手なのでしょうが、

「本当に有難うございました! 本当に助かりました! ではまた」

という電話だけでのお礼で終わるケースが多いのも事実です。

 

しかし、中には感心させられる方もいらっしゃいます。

ご相談を受けた状況から、とても弊社へのフィーをお支払い戴く余裕など

無いことも分かっていた方でしたので、「フィーはいつでも結構です」なんて

申し上げていたのですが・・・

「是非、お礼を差し上げたいので・・」

と、約1年振りのお電話を戴きました。

 

「いつかお支払いできれば・・と思っています」

それが言葉だけで終わってしまう事が多いこの世の中ですが、

「本当に少なくて、お仕事の成果にはほど遠い額で申し訳ありません」

という言葉とともに、忘れかけていたフィーを戴くことができました。

 こんなときは、何とも言えない、とても心温まる気持ちにさせられます。



ブックマーク
プロフィール
プロフィール
カテゴリー
最新記事一覧

rssRSS Feed